Fandom


 
(1人の利用者による、間の2版が非表示)
1行: 1行:
 
{{人物
 
{{人物
 
|名前=ガフ
 
|名前=ガフ
|画像=
+
|画像=GaffStill.jpg
 
|英名=Gaff
 
|英名=Gaff
 
|職業=[[ブレードランナー (警察)|ブレードランナー]]
 
|職業=[[ブレードランナー (警察)|ブレードランナー]]
30行: 30行:
 
*[[ブレードランナー2 レプリカントの墓標]]
 
*[[ブレードランナー2 レプリカントの墓標]]
 
*[[ブレードランナー 2049]]
 
*[[ブレードランナー 2049]]
  +
  +
{{DEFAULTSORT:かふ}}
  +
[[en:Eduardo Gaff]]
  +
[[カテゴリ:映画の登場人物]]

2017年5月19日 (金) 12:22に更新

ガフ(Gaff)とは、ロサンゼルス市警所属のブレードランナーであり、ハリイ・ブライアント警部の部下である。彼には紙を折って小さな折り紙作品を作る癖があり、シティスピークを話すことができた。

経歴編集

2019年11月、6人のネクサス6型レプリカントが地球に侵入してタイレル・コーポレーションに侵入を試みた。そのうちふたりは死亡し、残りの4人を捜査するためにブレードランナーデイヴ・ホールデンが抜擢された。しかし彼はリオン・コワルスキーに銃撃されてしまう。

ホールデンが活動できなくなったため、ハリイ・ブライアント警部は退職した腕利きのリック・デッカードを呼び戻すようガフに命じる。ガフは繁華街の寿司バーでデッカードを発見し警察署まで連行した。彼はコワルスキーが宿泊していたホテルを捜査するデッカードに同行した。その後、ガフはゾーラを「廃棄処理」したデッカードをブライアント警部に引き合わせた。

デッカードがロイ・バッティの死を見届けるのを確認したガフは彼が落としたブラスターを渡した。そしてデッカードが愛するレプリカント、レイチェルの短い命に言及してその場を後にする。ガフはデッカードのアパートメントにユニコーンの折り紙を残していた。

小説編集

ブレードランナー2 レプリカントの墓標編集

ガフは任務の途中で死亡する。

舞台裏編集

登場作品編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。