ブレードランナー Wiki

編集中:

フォークト=カンプフ検査

1
  • この編集を取り消す前に、以下の差分を確認してください。保存すると、この版での変更部分を取り消せます。 荒らし以外の編集を取り消す場合…
最新版 編集中の文章
12行: 12行:
 
===アンドロイドは電気羊の夢を見るか?===
 
===アンドロイドは電気羊の夢を見るか?===
 
{{引用|感情移入反応だ。いろいろな社会的状況に対するやつ。動物に関係のあるものが多い|[[リック・デッカード]]|アンドロイドは電気羊の夢を見るか?}}
 
{{引用|感情移入反応だ。いろいろな社会的状況に対するやつ。動物に関係のあるものが多い|[[リック・デッカード]]|アンドロイドは電気羊の夢を見るか?}}
フォークト=カンプフ検査(Voigt-Kampff Testing)バウンティ・ハンターたちがアンドロイドを識別するための検査法である。1989年にズーデルマン社がT14型アンドロイドを発売する識別が困難なために法務執行機関は混乱に陥った。そこでソ連のパヴロフ研究所がフォークト=カンプフ感情移入度検査法を開発
+
原作では、フォークト=カンプフ検査(Voigt-Kampff Testing)はバウンティ・ハンターたちがアンドロイドを識別するための検査法として描かれている
 
バウンティ・ハンター・[[リック・デッカード]]は1992年に[[タイレル・コーポレーション|ローゼン協会]]を訪れ、[[レイチェル|レイチェル・ローゼン]]を検査した。彼は一度騙されかけたがレイチェルが[[ネクサス6型]]のアンドロイドであるということを見破った。
 
   
 
{{DEFAULTSORT:ふおおくとかんふふけんさ}}
 
{{DEFAULTSORT:ふおおくとかんふふけんさ}}
  エディタを読み込んでいます
下記は一般に利用されるウィキマークアップコードです。使用したいものをクリックすると編集ボックスにそれが出現します。

このテンプレートを編集

プレビュー

モバイル

PC