ブレードランナー Wiki
Advertisement
ブレードランナー2049.png
WARNING!

この記事にはブレードランナー 2049のネタバレが含まれています。まだ作品を見ていない方などご注意ください。



短編アニメが解禁!!

渡辺信一郎監督が描くブレードランナーの世界。前日譚③は2022年の大停電が明らかに

日本語版トレーラー

ショートフィルムが公開!

ブレードランナー 2049の前日譚①、2036年になにが起きたのか。

前日譚②が到着

2048年のエピソードは本編にも繋がりそう…。



ブレードランナー 2049』(Blade Runner 2049)とは、2017年公開の映画『ブレードランナー』の続編作品である。

本編公開前に前日譚にあたる3本のショートフィルム、『ブレードランナー ブラックアウト 2022』『 2036: Nexus Dawn』『2048: NOWHERE TO RUN』がオンライン上で無料で公開された。

あらすじ[]

前作の出来事から30年後、ロサンゼルス市警の新任ブレードランナー・Kは人類を崩壊へと導きかねない恐るべき秘密を発見する。Kは30年間行方不明となっていた元ブレードランナー、リック・デッカードの捜索に旅立つ。

キャスト[]

2049年までの出来事[]

世界は2019年からこの30年の間になにが起きたのか。 タイムラインから確認する。

興行収入[]

全米BOX OFFICE MOJO(10月6日~10月8日)で、3,275万3,122ドルのオープニング興収で首位デビューを飾った。公開前の予想であった4,500万ドルを大きく下回ったものの、作品の評価は高くアメリカのレビューサイトでは10点満点中8.2点を獲得している。[1]

脚注[]

Advertisement