(ページの作成:「thumb|center|335 px {{映画 |movie_name=2036: Nexus Dawn |画像=thumb |...」)
 
(カテゴリを追加)
 
21行目: 21行目:
   
 
{{DEFAULTSORT:にいぜろさんきゅうねくさすどうん}}
 
{{DEFAULTSORT:にいぜろさんきゅうねくさすどうん}}
  +
[[カテゴリ:映画]]

2017年9月28日 (木) 04:42時点における最新版

BLADE_RUNNER_2049_-_"2036_Nexus_Dawn"_Short

BLADE RUNNER 2049 - "2036 Nexus Dawn" Short


『2036: Nexus Dawn』は、『ブレードランナー 2049』の前日譚を描いたショートフィルムでネット上で無料公開された。

ストーリー[編集 | ソースを編集]

2036年、ウォレスはロサンゼルス市警察(LAPD)の前で、自作のレプリカントにいかに従順で素晴らしいかをデモンストレーションしてみせる。彼の傍にたたずむエンジェルという名前のレプリカントを呼び寄せるとまず自らの頬をガラスの破片で切るように命じる、エンジェルはためらいもなく頬を切るがちゃんと痛みはある。続けてウォレスが「自分の命か、わたしの命か選ばなくてはならない」と言うと、その場でレプリカントは自分の首にガラス破片を突き刺した。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。